マイクロサービスアーキテクチャ

業務実態に合わせた開発

小規模にスタートし少しづつ開発実装サイクルを回します。

なぜマイクロサービスアーキテクチャを取り入れたのか?

完全なシステムは存在しえないからです。

突然業務をシステム化するというのは、無謀です。

マニュアル化していない業務や属人化した業務が多種多様に存在しているかと思われます。

そういった物を含めすべてシステム化するというのはまず業務の洗い出しから行わねばなりません。 多数の開発を行ってきた経験則から言ってもそのようなシステムは実装しても使われません。

業務洗い出し、開発準備

現在の業務のどこを変えるかを考えます

この開発手法ではまず計測可能かつ実装可能な場所を探ります

設計

洗い出しを行った業務から設計を行います。基本的なユーザー管理機能、業務管理機能を設計し実装を行います。

業務を遂行する上でどのようなデータが必要かを明確にし数値モデルを設計。

開発開始

広島・東京・佐世保・規模に応じて複数のパートナーと共に設計書を基に開発を行います。